妊娠前に便秘知らずの妊婦さんでも妊娠してから便秘になってしまう妊婦さんは多く、妊娠前から便秘がちな妊婦さんはさらに頑固な便秘になってしまうなど、便秘は妊婦さんの代表的なマイナートラブルの一つではないでしょうか?

妊婦さんに多いのは弛緩性便秘という種類の便秘で、妊娠するとプロゲステロンという女性ホルモンが分泌されることで妊娠を維持しています。その女性ホルモンは胃や腸を動かす筋肉を緩ませるため、便を押し出す力が弱くなり便秘になりやすくなります。
他の便秘の原因に、妊娠によって自律神経のバランスが乱れたりや腸内環境の悪化などもあります。

便秘は「便が出なくてお腹が苦しい」というだけでなく、頭痛や吐き気、切れ痔やイボ痔、肌荒れ、イライラなど、全身の健康状態に様々な影響を及ぼします。

さらに、便秘とともに妊婦さんに多いマイナートラブルの代名詞「腰痛」も「便秘」が原因の場合もあるのはご存知でしたか?

ただでさえ妊娠中期からお腹が膨らみはじめ、妊娠後期や臨月ともなると重心が前方へ変わっていきますが、前に倒れないように背骨の湾曲が強くなり背中の筋肉が後方へ支えてバランスを取っています。その為絶えず背中が張った状態になっているので腰痛になりやすくなっているのに、便秘による影響まで受けて腰痛がさらに悪化して痛みが増してしまうと「歩くのも辛くなったり、寝ていても腰が痛い」なんてことになりかねません。

出来るだけ早めに便秘解消と腰痛予防をしておいた方が良いので、今回は「妊娠中の便秘の腰痛への影響や便秘による腰痛の対処法、おすすめの便秘解消法」についてご紹介します。

なぜ便秘で腰痛になるのか?

便秘で腰痛が引き起こされるのは「便秘による血行不良」と「便秘に伴うガスが腰を圧迫している」という2つの原因です。

便秘による血行不良

便秘になると大腸の中に便が溜まりますが、その便は3日ほどすると腐敗していきスカトールやインドールと呼ばれる腐敗ガスをたくさん発生させて腸内に充満してしまいます。

この溜まった便と腐敗ガスが体中の血液に入り込むことで血液の質が著しく低下してしまい血行が悪くなってしまいます。

その結果、血流で送られるはずの酸素や栄養素が全身の筋肉や各器官に行きわたらなくなることで、筋肉が衰えて硬くなり、筋肉が疲れやすくなったり全身の筋力が低下してしまいます。
そのため、本来腰周りの筋肉がカバーして減らしていた腰への負荷が筋力の低下のためカバーしきれなくなることで、負荷が腰にかかってしまい腰痛を引き起こしてしまいます。
そして、筋肉が硬くなったり筋力の低下などは腰以外の筋肉にももちろん起こるので、他にも肩周りの筋肉に起こると肩凝り、首周りの筋肉に起きると首の張りや凝りなど、腰痛以外にも様々な症状が起きることもあります。

便秘に伴うガスによる圧迫

便秘によって溜まった便と腐敗ガスによって大腸は広げられることで、周りにある背骨や腰、骨盤を圧迫するため腰痛になってしまいます。

特に便秘による腰痛は腰の真ん中ではなく左右両端が痛み出すことが多いです。
何故かと言うと、腸の構造上、「盲腸」と「S状結腸」の部分にガスが溜まりやすいくなり、この部分は、腰に近いところに位置しているためその部分に隣接する腰が痛むようになってしまうのです。

また、便秘の腐敗ガスによる圧迫は腰痛のほかにも、お腹の張りや腹痛なども引き起こしてしまいます。

血行を良くするためにおすすめの家で出来る運動

赤ちゃんがするハイハイの運動は腰の筋肉をやわらかくし血流を促進させる働きがあるので、腰痛を改善する効果の他に、腸の動きもよくなるため便意を促すことができる場合があるため便秘にも効果的があります。

  1. ハイハイをするときは継続的に5分位行いましょう。
  2. 朝起きてすぐに行うと、血流が良くなり、刺激で腸が活発になりやすいので、おすすめです。
  3. 朝イチだけでなく思い出したときでも良いので継続を心がけてください。

おうちで簡単に出来て、なおかつ効果が高いのでおすすめの運動ですが、意外に疲れるので無理をせずしんどくなったら必ず休憩してください。
お腹の張りがあったり切迫流産や切迫早産の診断をされている方はお休みしてくださいね。

便秘改善におすすめなこと

便秘改善におすすめなことは「白湯を朝起きてすぐに1杯飲むこと」です。

冷たい温度よりもあたたかい温度の方がものを融解しやすいですが、それは便も同じで温水の方が溶けやすく柔らかくなるため、温かい白湯は固まった便をほぐして出しやすくしてくれます。
便も体温と同じく36~37度位とされていますのでそれ以上の温度の白湯を飲むことでカチカチの便もほぐれやすくなります。
また、白湯により腸を温めることによって腸が活発に活動するため老廃物を排出する機能が高まり、便を押し出すぜんどう運動を促して便秘も解消することができます。

特に妊婦さんは女性ホルモンによって腸の動きが鈍くなっている弛緩性便秘の方が多いですし、温かい白湯を飲むことで血行も良くなるので妊婦さんにぴったりの飲み物です。

妊婦さんは出来るだけ水分を摂取するときは、ただの冷たい水ではなくて温かい水の白湯を飲むことをおすすめします。

まとめ

便秘が原因で腰痛が起きているのであれば、便秘を解消して便を出せば辛い腰の痛みもなくなりますよ。

もし、腰痛が「便秘のときにひどくなってしまう」ようであれば、便秘を改善しない限りは辛い腰痛も改善されないということになってしまいます。

辛い便秘と腰痛を改善するために、今回お伝えした無理なく出来る簡単な血行を良くする運動と便秘解消法を試してみてください。

1日も早く便秘を解消し辛い腰痛から開放されて、幸せで快適なマタニティライフを送ってくださいね。

便秘による腰痛が我慢できず、涙が出るほど痛いのであれば、さっさと出してしまった方が良い場合があります。
その時には、妊娠中の妊婦さんでも安全に使える便秘薬かオリゴ糖サプリがおすすめです。