妊娠中は、女性ホルモンの変化とお腹が大きくなることで便秘しやすくなります。
そのため、妊婦さんの7割が妊娠中の便秘に悩まされています

そこで「便秘薬を飲んで便秘を解消したい」と思う妊婦さんも多いです。
ただ、やはり気になるのが妊娠中に飲んでもいいの?ということですよね。

ここでは、妊婦さんが飲んでもいい便秘薬とダメなものを市販品、通販アイテムを含めてご紹介します。

また、便秘薬を使わずに自然に排便することが理想ですので、便秘薬を使わない安全な便秘解消方法もご紹介します。

飲んじゃダメ!妊娠中に避けるべき便秘薬

便秘薬には、腸を刺激して排便を促す、いわゆる「刺激性」と呼ばれる薬があります。
これは、子宮の収縮を促す副作用がある薬がありますので、これを飲んでしまうと流産や早産の確率が高まってしまうので飲んではだめです。
成分としてはセンナやアロエ、アントラキノン系の便秘薬が子宮を収縮させる効果があるので、妊婦さんは服用を避けた方がよいです。
以下の便秘薬は刺激性に分類されるので、服用はお勧めしていません。

ただしコーラックは種類によって成分や効き目が異なっており、妊婦さんで飲めるものもあります。

刺激性の便秘薬の一覧

      

  • ルーメア
  •   

  • カイベールC
  •   

  • 新サラリン
  •   

  • スルーラックS
  •   

  • コーラック

妊婦さんが飲んでもいい便秘薬

では、飲んでもOKな便秘薬はどういうものかというと、腸内の水分量を増やし便を柔らかくする「塩類下剤」のタイプです。
主な成分は酸化マグネシウムで、この酸化マグネシウムの浸透圧により腸内の水分量を増やして便を柔らかくするという仕組みになっています。
腸を刺激しないタイプですので即効性は落ちますが、妊婦さんにとってはより安全に使える薬です。
産婦人科でも処方されることが多いタイプですし、妊娠中は胎内の赤ちゃんを健康に育てることが何より大事ですから、便秘薬を使うなら以下に紹介する塩類下剤タイプをお勧めします。

非刺激性の便秘薬の一覧

      

  • マグミット錠
  •   

  • ラキソベロン
  •   

  • ミルマグ
  •   

  • スラ―リア
  •   

  • 3Aマグネシア(酸化マグネシウム)
  •   

  • マグラックス錠
  •   

  • アローゼン
  •   

  • プルゼニド
  •   

  • コーラックファースト
  •   

  • ピコラック

最も安全で手軽な便秘解消法:オリゴ糖サプリ

赤ちゃんのことを考えると、やはり薬に頼らず自然に排便したいですよね。
そこでおすすめの方法がオリゴ糖サプリです。

妊婦さんはお腹が大きくなると動くのも一苦労で、家事をこなすだけでも精一杯ですよね。

サプリであれば簡単にいつでも手軽に摂取できるので、動くのが困難でも簡単に便秘解消できます。

サプリを飲むのも手間だと思う妊婦さんもいるかもしれませんが、便秘を解消しないとずっと便秘による腹痛や腰痛などの体の不調に悩まされますし、ママの腸内環境は赤ちゃんへ引き継がれますので、大量の悪玉菌が赤ちゃんに移ってしまい、赤ちゃんが便秘になりやすくなったり免疫力が低下するなどの悪影響があります。

妊婦さんにとって、オリゴ糖サプリが体に負担をかけずにできるだけ手軽に便秘を解消できる方法ですので、赤ちゃんの健やかな成長とかわいい笑顔を守るためにも、便秘を解消しましょう!

オリゴ糖とは?

腸内環境の改善で注目されているのがオリゴ糖です。
オリゴ糖は玉ねぎやゴボウに含まれている糖類の一種です。

糖類は腸内の善玉菌であるビフィズス菌の栄養になるのですが、糖類のほとんどは胃などで消化吸収され、ビフィズス菌まで届きません。
ビフィズス菌が増えないと腸内環境が悪いままで、便秘が続いてしまいます。

しかしオリゴ糖は胃などで吸収されないのでビフィズス菌に送り届けることができ、腸内のビフィズス菌を増やすことができます。

オリゴ糖は玉ねぎなどから摂取できるのですが、野菜からの摂取では効率が悪く十分な量を腸内に届けるのが難しいので、
サプリメントを愛用して便秘解消する妊婦さんが増えています。

オリゴ糖は即効性は高くないですが、薬に頼らない便秘解消法としておすすめです。
できれば、妊娠前や初期から飲み、便秘しにくい体質にしていおくことが理想ですね。

妊婦さんに人気の便秘解消オリゴ糖サプリ

  1. はぐくみオリゴ(はぐくみプラス)

    はぐくみオリゴ 口コミ 人気

    価格 5.0
    使用感 5.0
    効果 5.0
    価格:
    初回1,840円(税込)

    hagukumi+のはぐくみオリゴです。
    腸にいる善玉菌を最大限活性化させるように独自のブレンドで高純度で濃密な黄金バランスの5種類のオリゴ糖が配合されています。
    何度も試行錯誤をされた独自の配合率で便秘解消効果をアップさせています。

    厳選されたオリゴ糖は、からだには吸収されにくいオリゴ糖がブレンドされているため、腸までしっかりオリゴ糖が届き善玉箘のエサにちゃんとなってくれるので、善玉箘を増やし悪玉箘の増殖を押さえてくれるのでしっかりとお腹の調子を整えてくれます。
    万が一取りすぎたとしてもほとんどからだに消化されないので安心です。

    成分は無香料無着色でオリゴ糖100パーセントなので、成分にこだわる妊婦さんもはぐくみオリゴは安心して使えますよ。

    商品詳細を見る

  2. カイテキオリゴ(北の快適工房)

    カイテキオリゴ 口コミ 人気

    価格 5.0
    使用感 5.0
    効果 5.0
    価格:
    2,270円(税込)

    オリゴ糖と言えばこの商品を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?
    販売方法は通信販売のみにもかかわらず日本で一番売れてるオリゴ糖が北の快適工房の「カイテキオリゴ」です。

    毎日たった付属のスプーン1杯(5グラム)だけで頑固な便秘の人にも無理なく自然に排便を促せるという、妊婦さんの体にも優しい自然食品です。

    人それぞれ腸内にいる善玉菌は違うので一般的なオリゴ糖だと1種類のオリゴ糖しか入っていないので合わない可能性が高いのですが、カイテキオリゴは画期的なサプリで、善玉菌のエサであるオリゴ糖を複数組み合わせて、どの人の善玉菌に合うように30種類以上の善玉菌を活性できるように改良されています。

    そして、便の量をかさ増ししたり、水分量を増やして便を柔らかくするように、水分を効率良く与える配合をされているので排便時にカチカチ便で痛い思いをする可能性を少なくしています。

    妊婦さんの便秘改善にとっていちばん大事な腸内環境の改善のほかに、排便時の辛い痛みなどをなくしてくれるとっても体に優しいサプリです。

    商品詳細を見る

オリゴ糖サプリに副作用はある?ママや赤ちゃんへの影響は?

オリゴ糖は糖の一種なので、便秘薬の強力な副作用は無く、基本的には安心・安全に使えます。

ただ、何にでも適量というものはあります。
適量を守っていれば問題はありませんが、体にいいからと言って過剰に摂取してしまうと、体調を崩してしまう可能性があります。

1日20g以上オリゴ糖を摂取した場合、以下の副作用が報告されています。

  • ガスが溜まる
  • 胃部不快感
  • 腹痛
  • 下痢
  • むくみ
  • こむら返り

なぜこのような症状が出るかというと、オリゴ糖を摂取することでどんどん腸内が善玉菌だらけになっていくのですが、その際に弱った悪玉菌が死滅していきます。
その悪玉菌が死ぬときに、最後に一矢報いようとして体にダメージを与えます(死滅反応と言います)。

ただ、このダメージは非常に小さいもので、通常は自覚症状を感じるくらいの事態にはならないのですが、オリゴ糖を過剰に摂取して、一気に悪玉菌が死滅してしまうと、死滅反応が一気に起こり、先ほどの症状が起こりやすくなるのです。

用法容量を守って正しく使えば副作用は普通は出ませんので、1日20g未満という量を守って使ってください。
それでもちゃんと便秘体質が改善されていきますので焦らないでくださいね。

オリゴ糖サプリのデメリットは?

オリゴ糖サプリは妊婦さんにとっても、お腹の中の赤ちゃんにとっても、安全に使える便秘解消法で、手軽で飲みやすいとメリットが多いです。

ですが、強いて言えば、次の2つだけデメリットがあります。

効果が出るのが比較的ゆっくり

便秘薬は飲んですぐに効果を発揮する即効性が期待できる対処法ですが、オリゴ糖サプリは便秘薬に比べて、効果が出るまでゆっくりです。

オリゴ糖サプリは、腸内の善玉菌を増やして排便しやすくするという体質改善によって便秘を解消する方法なので、時間がかかる場合が多いです。
ただ、便秘薬は体質改善などせずに、今ある便を出すことが目的なので、根本的な腸内の環境が変わっていないので、また便秘になる可能性が高いです。

一方オリゴ糖サプリは効果が遅いことがデメリットですが、腸内環境が改善すると、サプリの量を減らしても、その後は長期的に便秘しにくくなっていきます。
そういった点でも、オリゴ糖サプリは優秀な便秘解消法と言えます。

どうしても便が溜まりすぎていて限界という人は、いったん便秘薬で出し、その後にオリゴ糖サプリで腸内環境の改善を行うと良いです。

通販でしか買えない

オリゴ糖サプリは通販でしか買えません。

普通に考えれば、ドラッグストアなどで流通させた方が売れるので、売る側にとってはその方がメリットが大きいように見えます。
実際、利益だけを考えればそうでしょう。

しかし、オリゴ糖サプリは基本的に妊婦さん向けなので、品質や使い方には神経を使う商品です。

オリゴ糖サプリに関してはメーカー側がテレオペを準備している、返金保証を行っているなどのサポート体制を充実させています。
そのため、妊婦さんが安心して使えるというわけです。

ドラッグストアなどで売ってしまうと、何かあったときに誰に聞いて良いのかわかりませんよね。

逆に言うと、このように妊婦さんのためを考えたサポートを行っているメーカーであれば信頼できるということです。
カイテキオリゴもはぐくみオリゴもサポート有りですので、安心してくださいね。

市販のオリゴ糖はダメ?

市販のオリゴ糖だと配合されているオリゴ糖の種類が1種類や多くても3種類ほどのものしかなく、人それぞれ腸内環境に住み着いている善玉菌によってオリゴ糖の相性があり、相性が悪いものだとオリゴ糖を摂取していても効果がありません。

そして、オリゴ糖は消化性オリゴ糖と腸まで届く難消化性オリゴ糖と二種類に分けることが出来ますが、特に便秘解消に効果的なのは難消化性オリゴ糖です。

市販のオリゴ糖は配合されているのが消化性オリゴ糖なこともあり効果が期待できないことが多いです。そして、添加物が入っていることも多く妊婦さんにとっては心配かもしれません。

しかし、「カイテキオリゴ」と「はぐくみオリゴ」のスゴイところは、オリゴ糖の種類を数種類ブレンドしているので、どの人の乳酸菌、腸内環境にも適応して効果があるように改良しています。
そして、自然由来の素材から抽出された難消化性オリゴ糖、添加物無しなので妊婦さんのからだにも安心して使うことが出来ます。

食べ物からは摂れないの?

オリゴ糖の1日摂取量の目安は5~8グラムです。

オリゴ糖はゴボウなどに含まれていますが、仮にゴボウで換算すると、約80~約220グラムです。
80グラムなら食べられそうな気がしますが、毎日となるとかなりしんどいです。
他の食品であっても1日あたり100グラム程度は食べることになりますので、さすがに飽きますので長持ちせず、オリゴ糖の効果が出る前に辞めてしまう可能性が高いです。

やはりサプリから摂るのが賢い選択ですね。

オリゴ糖以外の便秘解消法は?

オリゴ糖サプリ(腸内環境の改善)以外での便秘解消法も気になるところですよね。
もちろん、オリゴ糖以外にも有効な方法は多いです。
ただ、人によっては向いていないものもあったり、オリゴ糖と組み合わせることで、より高い効果を発揮するものもありますので、色々試して自分に合う方法を探すと良いと思います。

便秘解消の定番!食物繊維の摂取

便秘になったら食物繊維!というほど、便秘対策の定番ともいえる食物繊維です。
もちろん、便秘解消には効果があります。

ただし、便秘が軽いうちだけという条件付きです。

食物繊維がなぜ便秘に効くかというと、食物繊維が腸内の小さな便をからめとって大きな便にすることで、腸を刺激して排便を促すという仕組みです。
ということは、便秘が重症化している人の場合は、カチカチに便が詰まっているところにさらに便を運んでいくわけですから、余計に詰まります。
そして余計に便秘がひどくなる可能性があります。

便秘が常態化していてしばらく出ていない方は食物繊維をとらずに、いったん非刺激性の便秘薬で出してしまった方が良いかもしれません。
その後は食物繊維を意識しつつ食事をとり、オリゴ糖で便秘になりにくい体質を作ると完璧です。

便秘対策に効果的な運動

便秘の原因の一つが、運動不足によって血流が悪くなることで、筋肉が衰えて腸の蠕動運動が不活発になってしまうことが挙げられます。
蠕動運動がうまくできなくなってしまうと、排便しにくくなり便秘になります。

これを解消するために、運動によって排便を促そう、というわけですね。
実際、運動は便秘解消にかなり効果があります。

ただし、妊婦さんは無理は禁物です。
ご存知だと思いますが、激しい運動をするとお腹に負荷がかかって危険です。

やるのであれば、運動は軽く腰を回す程度にしましょう。
フラフープを回すような動きで腰を回してください。
1週2~3秒で30回ずつ、右回りと左回りで腰を回すと効果が期待できます。

骨盤を矯正する効果もあるのでおすすめです。

便秘対策に効果的なマッサージ

便秘は基本的に腸の動きが悪くなっていて腸の蠕動運動が衰えている状態になっていることが多いです。
そこで、お腹をマッサージすることで蠕動運動を促し、便秘を緩和することができます。

まず、おへそのあたりに手を置き、自分からみて反時計回りにお腹を軽く押していきます。
腸の場所に沿って腸を軽く押すようなイメージです。

※妊婦さんですので、強い力でぐいぐい押すことは避けてください。
リラックスしながら軽くマッサージする感じです。